~なおの投資&節約生活ハイブリッド日記~

アラフォーなセミリタイアンなおちん氏が、株主優待+高配当+成長株へのハイブリッド投資実践で資産を増やしつつ、年間100万円の節約生活を生き抜こうと企む暇つぶしぶろぐです。FXや暗号資産、馬券なんかもあるかも。

【国民年金保険料】今年度も無事に全額免除となりました。

どーも。

ついに菅首相小池都知事が実力行使にでましたね。

テレワークしない、ステイホームしない、チャンスあるのにワクチン打たない、そんな国・政府に盾突く言うことをきかない輩が新型コロナに感染して高熱にうなされ、もがき苦しんでも自力で呼吸できるならあんたの面倒は見ませんよ、と。

 

私は早くファイザーorモデルナのワクチンを打たしてもらい、「新型コロナはただの風邪」な状況に持ち込みたいのですが、接種券はいつ届くのか...

 

さて、話題は変わり地元の年金事務所から

国民年金保険料免除試験に今年も合格しましたよ」

の通知が無事届きましたのでお知らせしたいと思います。

 

f:id:naomi-up1:20210329154749j:plain

 

今年度も全額免除試験に一発合格しました。

 

正確には、「国民年金保険料免除・納付猶予申請承認通知書」という件名で1枚のハガキが送られてきました。

前年度は配当金以外の稼ぎは0円のため、もちろん全額免除となっています。

 

f:id:naomi-up1:20210804194724j:plain

 

厚生年金含め、マジメに全額納付してる方々のことを思うと心苦しく思います。この切ない感情があと15年以上続くと思うと耐えられるか不安です...

 

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

 

全額免除のメリット

 

最大のメリットは、納付額0にも関わらず、全額納付に対して半分の金額が受給できる経済弱者救済システムがあること。年間約1万円が加算されます。

 

もちろん、免除システムを利用することにより全額納付に比べ将来の受給予定額は減ります。が、払いたくなったら過去10年遡って保険料を納めることが可能ですし、年間150万円未満の年金配当額に抑えられれば非課税枠のメリットを享受できるかもしれません。この150万円という数字は全国一律ではないので、詳しくはお住まいのところで調べてみてください。私は30代後半で世捨て人になってますから納めてる保険料は相当に少ないです。企業年金含めても非課税枠な年金配当額が濃厚です。

 

今年も国の弱者救済システムを利用して国民年金保険料の全額免除に合格しました。未納ではございませんよ。一緒にしないでくださいね、ちゃんとお上に申請して認められた権利ですのでお間違えの無きよう...

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

よろしければポチっとお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村